So-net無料ブログ作成
日本包括歯科臨床学会 ブログトップ
前の5件 | -

案内 第9回日本包括歯科臨床学会のお知らせ [日本包括歯科臨床学会]

academy-02.png

2020年7月4日、5日

北海道歯科医師会館にて

第9回日本包括歯科臨床学会が開催されます





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

筒井塾咬合療法アドバンスコースを受講して2 備忘録 [日本包括歯科臨床学会]

筒井塾咬合療法アドバンスコースを受講して、とにかく感じたのは

小手先のテクニックではなく地道な努力だということ

大事にしているのは、目の前の患者に真摯に向き合うこと


照子先生は、オスラー先生が提唱した「サイエンスとアート」を引き合いに出し

自分の臨床をアートと呼べるのか?といまだに自問自答し

それとともに自分の臨床哲学を一人でも多く広げたいという気持ちを持ちいまだに成長している。


「医師および医療従事者は、複雑性・多義性に満ちたさまざまな患者さんに対し、鋭い洞察力、豊かな想像力そして個々の患者の人格に関する深い理解をもって、適切な医療行為を提供できるようになるため、生涯をかけ、サイエンスとアートの両方の部分に研鑽を積むことが求められている。」

参考文献 

山形大学紀要. 医学 : 山形医学 巻27号1開始ページ1 2009-02-16 


我々の存在理由は、患者さんのためにあり

疾病で苦しむ人々を救うことである。

医師は、命を救うが

歯科医師は生活の質を救う


我々は焦ってしまい、ついつい治療をするための検査をすぐにしてしまいがちだ。

まず主訴への対応、

その主訴が起きた経緯や主訴に対する不安や治療に対する希望を十分に聞き、

その病態が起きてしまった原因を一つずつ紐解きながら

検査結果への予測を立てながらある程度の仮診断を立てていく(あくまでも仮診断である。)

(ヒューリスティックになっていることを十分に注意しながら)

個体差の中から難易度を把握しながら4診・医療面接である程度予測を立て

実際の検査結果から(口腔内写真、レントゲン ME機器等々)から仮診断と実際の診断をすり合わせていく。


これは非常に難しい、知識や経験がいる根気のいる作業である。

歯は抜いたり、削ってしまうと元に戻せない組織である。

だからこそ確実な診査と診断が必要なのである。


医科の世界では当たり前のように繰り広げられているこの手法を、歯科では行われていないことを筒井先生は嘆いている。歯科は、穴が空いたら埋める 欠損したら入れ歯を入れることが10数年前まで一般的に行われていた。

(実際に、今でもそのようにおっしゃる患者さんは多数いるのも事実である。さすがに最近は減ってきているが・・・)


診査・診断が行われ

治療目標・治療方針・治療計画を立て

治療における再評価

再評価からどうしていくのか



1、目の前の患者さんに向き合い

2、的確な診断をし

3、的確な治療を行う


また明日から、一歩ずつ進んでいこう



IMG_1408.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

筒井塾咬合療法アドバンスセミナーを受講して [日本包括歯科臨床学会]

ポイント1は、なんだっけな〜


ポイント2


術者として一番大事なのは


自分の目で見て、体で感じること「4診」

(問診、視診、聴診、触診)


自分で異常と感じなければ


そこから何も始まらない


IMG_1402.jpg

年間6回コースが終了した。

筒井塾咬合療法アドバンスセミナーは、実際の臨床に即した

筒井歯科医院での問診からの仮診断、検査からの治療方針の設定を体験できる珍しいセミナーだった。

あたかも自分が患者さんをみているような、そんな感じ。


その中で筒井先生が普段どんなことを感じ、どんなことを考え、どのようにしようとしているのかが

ものすごくよくわかってきた。

一臨床家として、何を大事にしているのか本当に考えさせられた1年であった。


真摯に目の前の患者さんのために、身を粉にして活動している先生には頭が下がる思いである。

小手先のテクニックではなく、魂を注入していただきました。

1月には関東支部例会

来年は咬合療法ベーシックコースが開催される



IMG_1408.jpg


みなさん

「やり方」を学ぶのではなく「あり方」を学べるいい機会だと思います

1月19日(日曜)

咬合療法 関東支部例会

御茶ノ水 連合会館にて特別講演があります。

ぜひ、体感してみてください



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

咬合療法研究会 関東支部例会のお知らせ 2020年1月例会 筒井照子先生基調講演 [日本包括歯科臨床学会]

日本包括歯科臨床学会の分科会である咬合療法研究会の関東支部例会が年明けの

2020年1月19日(日曜)御茶ノ水 連合会館にて開催されます


筒井照子先生の基調講演に合わせ息子さんの筒井武男先生の講演や会員発表もあり

すごく内容が充実した例会になるのではないかと予想されます


そして、以前は会費が8000円だったところ

筒井先生のご厚意により、みなさんに私の臨床を「ぜひ知って欲しい」という思いから

なんと

会費3000円での開催が決定しました(弁当代、会場費として)


全身の中の下顎位として

筒井先生が日々どのように臨床に向き合っているかを知るよい機会です

テクニックだけのセミナーではなく、臨床の真髄を見ることのできる素晴らしい講演です。

ご興味があるみなさんぜひ

スタッフをお誘いの上ご参加ください


令和2年 1月19日(日曜日)

御茶ノ水 千代田線3番出口降りてすぐです



咬合療法部会関東支部例会のご案内2020.1.19(Ver.2).jpg


IMG_2122.jpg

IMG_2121.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第8回日本包括歯科臨床学会開催 8月31日、9月1日 [日本包括歯科臨床学会]

神戸国際会館にて第8回日本包括歯科臨床学会が開催されました。

先日の認定医試験の合格者発表があり、突然映し出され

その場にはおらず、スタッフからの連絡で気づく。


IMG_0509.jpg


主宰の筒井先生の「咬合再構成」を再考する



IMG_0510.jpeg


友人の岡田先生の発表

IMG_0482.jpeg

昨年の第7回とは違って、気楽に学会参加をできました。

実行委員長を務めた昨年を思い出す・・・

IMG_0471.jpg

IMG_0474.jpeg


来年の2020年7月4、5日

北海道歯科医師会館にて第9回日本包括歯科臨床学会が開催される


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 日本包括歯科臨床学会 ブログトップ